HA302

骨伝導音声増幅器きくちゃん

従来の補聴器はアンプで音声を大きくした音を聴かせるだけの物がほとんどでした。
高齢者の聴覚神経、聴覚器官に負担をかけるだけではなく、周りの人間にも負担をかける事が多く、また全ての音量を上げてしまうため人間の音声が聞き取りづらく、高額な機器にもかかわらず使わなくなってしまう方が多くいらっしゃいます。

弊社は長年培った骨伝導技術を民生品に活かし、世界初の骨伝導音声増幅器を開発致しました。

骨伝導技術を用いることにより、補聴器所有者が口を揃えて不快だという新聞紙を広げる雑音など、近くで発生した雑音を拾いにくく、また音声を振動に変換し骨を通して聞くことにより、従来の補聴器にあるような大きな音である必要もありません。

骨伝導であっても先天性の聴覚障害は聴覚神経自体が機能していないなど、様々な理由によりお使いいただけない事がありますが、後天性難聴、とくに軽度~中度難聴者や加齢による難聴には著しい性能を発揮します。

※HA302は、HA301の後継機です。(マイク音質改善・ケーブルのこすれ音等のタッチノイズ低減)

骨伝導スピーカーを採用、耳を塞がない音声増幅器

大型の骨伝導スピーカーは耳を塞ぐ必要がありません。耳に近いこめかみ付近に当てるだけで振動が聴覚神経に伝わり、音が聞こえます。当ててはいけないということでもなく、聞こえが悪い時には耳に当てることで音の聞こえを良くすることも可能です。

良音質、快適な使用感

長年培った独自技術がふんだんに盛り込まれており、大口径スピーカーにも匹敵する音質を実現しました。音が大きいだけの補聴器を使い続けてきた方ほど、骨導の音に驚かれます。

会話に、テレビに、電話に、一台三役

手持ちスピーカーで通常会話に。別売りの骨伝導ヘッドセットを使い、ヘッドホンに。テレビのオーディオライン出力を用意すれば、周囲の方に迷惑をかけることなくテレビを見ることが可能です。

軽量でコンパクト、簡単操作

本体重量わずか80グラム(バッテリー込み、本体のみ)。操作は電源スイッチとボリュームのみの簡単操作で、どなたでもお使いいただけます。
充電池内蔵で、一回の充電で約10時間お使いいただけます。

カタログのダウンロードは こちら(PDF形式)